表現方法を換えると、想いも換わります。

言葉とは不思議なものです。

状況により、

肯定から入ったり、否定から入ったりします。

例えば

「ニューヨークに住みたい!でも英語が話せない」

「英語が話せない、でもニューヨークに住みたい!」

同じ内容を伝えているようですが、気持ちの捉え方は全然違います。

前述は、肯定から入っているのに、ネガティブな印象。

後述は、否定から入っているのに、ポジティブな印象がありますね。

言い方を変えるだけで、

英語が話せないけど、ニューヨークに住むにはどうしたらいいのか?

と言うふうに、思考が切り替わるのです。

そのためには、普段、どんな言葉を選べばいいのか?

口から出る言葉は検証が出来ません。

だったら、書けばいいのです。

手帳や日記帳、あるいはブログに。

表現を変えると、

「出来ない理由(いいわけ)」が「課題」に変わります。

言葉の持つ表現力を味方につけ、

明日を生きていく力に換えていきましょう。