夢の途中~迷うということは、間違いなく進んでいること~

夢を叶えた人たちがいる。

夢に向かって走り始める人たちがいる。

夢を語る人たちがいる

夢を思い描く人たちがいる。

夢を叶えるために、必ず誰もが通る道である。

今、わたし自身はどの段階にいるのだろう?

時々、それが分からなくなる。

夢を語っているだけなのか?

それとも、もう走り出しているのだろうか?

そして、そこでまた迷う。

今、これはわたしの夢の途中なのだろうか・・・と?

でも、迷うということは、間違いなく進んでいること。

どの道にも必ず、

乗り越えなければいけない壁がある。

戦わなければならない、何かがいる。

選ばなければならないモノがある。

そして、それらに立ち向かう勇気は、

自分の中から見つけなければいけない。

自分の想いを言葉にすると、壁が見えてくる。

戦うべきモノの姿も見えてくる。

選ぶべきものも分かる。

すべては、自分の中にある。

「情熱発信」は夢に向かって、

走り始める人たちへ贈るエールである。