わたしは「何」を教える人なのだろう?

最近、自分は
「何をする人だろう?」

と自問することが多い。

プロフィールには、

もちろんいろいろ書いている。

ブログの書き方や、SNSでの発信の仕方を

サポートしている。

でも、使い方を教えるインストラクターでありたくはない。

毎日ブログを3記事書いている。

でも、ブロガーになりたいわけではない。

幕末の思想家、吉田松陰は

「学者」と「武士」についてこう語っている。

わたしは学者でありたいが、それは、本を読んだり、知識を広めるのではなく、

自分の生き方を追求し、世の中に役立つものを届けることだ。

また、わたしは武士でありたいが、それは権力や武術の腕を磨きたいのではなく、

何を守るのかを明確にし、その迷いを断ち切ることだ。

この言葉は、わたしに刺さる。

わたしは、SNSやWordPress、文章の書き方を教えるのは、

それぞれの想いの言葉の力で、明日を生きていって欲しいからであり、

わたしが、情熱発信しよう!と呼びかけ、3記事を書くのは、

わたし自らが、想いの力を自分の行動に繋げていきたいからだ。

だから、当てはまる肩書きなんてないのかもしれない。

それはもしかしたら、わたしの最大の強みになるのかもしれない。

肩書きという枠にはまる必要はないからだ。

わたしが望む世界は、誰もが自分自信を信じられる世の中である。

どんなことがあっても、自分を信じることが出来れば、

明日を生きていくことが出来る。

多くの先人たちや主人公たちの言葉が、

わたしにそれを教えてくれるのである。