自分でも成せないことを、人に奨めることは出来ません

これがわたしの筋の通し方です。

例えば、誰かが面白そうなサービスを始めたとき、

まず自分で体験します。

そして、自分が好かったと思えるからこそ、

人に奨めることができるのです。

お店にしてもそうです。

評判だけで、判断しないようにしています。

そして、その感想を伝えるのです。

どんなモノゴトでも、

良い、悪いの判断は誰にも出来ません。

それぞれの基準があるからです。

でも、好みかどうかの判断は誰にでも出来ます。

自分がどう感じるかを伝えればいいからです。

今、わたしは想いをブログで100記事書くことを奨めています。

言葉を書き出すことは、決して悪いことではない。

でも、自分でも成せないことを、人に奨めることは出来ません。

だからまず、自分で書いています。

今は毎日3記事書くことを自分に課している。

どうやって想いを見つけるのか、

どうやって自分と向き合うのか、

そして、どうやって想いを言葉に落とし込むのか、

それをまず自分自身で実践しているのです。

そして、書くことによる心の変化を、

まず自分で感じているのです。

溢れ出る想いは尽きることはありません。

わたしたちは、どんなときも、未来を向いて生きている。

「情熱発信」は、自分自身へ贈るエールです。

溢れ出る想いを真っ直ぐに著し、行動へ繋げましょう。