学生時代は「想い出」と呼べるほどまだ遠くはないのですね。

久しぶりに同窓生が集まりました。

数十年ぶりの再会なので、

ほとんど誰だかわかりません。

でも、名簿を眺めたり、

話している間に、どんどん当時の記憶が蘇ってきました。

不思議なことにポジションも同じだったりします。

中心的な存在は、今でもやっぱり中心的。

もしかしたら、今ある環境は全然違うのに、、

その時代のポジションにいる。

みんなもそれを受け入れている。

そして、気持ちも、感覚も

学生時代に還ってるのかもしれません。

感覚の再生

そんな言葉がふっと浮かびました。

懐かしい音楽を聴いたとき、

懐かしい場所に立ったとき、

懐かしい風が吹いたとき、

鮮やかに蘇ってくる思い出があります。

郷愁(ノスタルジック)です。

心惹かれる「何か」があるのです。

大切にしてきた「何か」があるのです。

それを思い出したくなるのです。

そして、それは、多分今も追い求めているのです。

それが「何」だったのかを知ったとき、

そして、「何故」大切にしていたのかを思い出したとき、

それはもう、「想い出」と呼べるはずです。

学生時代というのは、「想い出」と呼べるほど、

まだ遠くはないのだと思いました。