新しい世界は、いつもワクワクする

英語の絵本の多読会に参加してきました。

ニューヨークに住むという妄想をしながらも、

やはり英語力がかなり不安。

そうはいっても、急に身につくものでもない。

今さら英会話教室に通うつもりもない。

そもそも、どちらかと言えば、見て見ぬふりをしてきた分野です。

でも、今回は、「絵本」

「多読」という言葉も気になります。

本をたくさん読む、意味だろうとは思っていましたが、

思っていた以上に意味が深かったです。

まず、多読には基本原則が3つあります、

辞書は引かず、分からないところは飛ばし、

面白くないと思ったら読むのをやめる。

その分、より多くの本を手にしてみるのです。

絵本だったら、辞書を引かなくてもある程度意味がわかる。

そして、そのとき目に付いた単語も、

いつか別の本で出会うだろう。。。

そうゆうイメージでした。

でも、1冊の絵本を眺めていると、

言葉は分からなくても、伝わってくる想いがある。

そういう伝え方もあるのだ、改めて実感しました。

英語の絵本という新しい世界、

さっそく見つけた絵本を取り寄せようと、

今からワクワクしています。