全てを委ねる勇気

わたしは背泳ぎが出来ません。

スポーツは昔から不得意で、水泳だけが出来ないわけではないのですが、

特に背泳ぎが出来ません。

何故なら、水の上に仰向けになる、というイメージがないからです。

姿勢は?手は?足は?力を抜くって?

起き上がるときにはどうすればいいの?

そう考えた時点で、体全体に力が入ってしまい、

水の力に委ねるということなんて、出来ないのです。

ある程度、自分で理解して、予測しないと動けない

これは、わたしの思考のクセだと思います。

「人事を尽くして、天命を待つ」

こういう言葉があります。

やるだけやったら、あとは運に委ねよう。

これを、自分の言葉で言えるようになるまで、

あとどのくらいかかるのだろう。

不安に迷うことなく、

ほかに心を奪われることなく、

明日だけを見つめて走り続ける

これが真の強さだと思う。