まだまだ本気と覚悟が足りていない

人にはそれぞれの想いがある。

そして、お互い、思いあっているからこそ、

理解しあえないこともある。

例えば、家族

心配しているからこそ、干渉してくる。

そこにあるのは「想い」だけ。

それが分かっているからこそ、

何も言えなくなる。

自分の想いも、決して譲れないからだ。

でも、何かを掴みたいのなら、

望む明日が譲れないのなら、

家族の想いも、一緒に抱えて走るしかない。

幕末の思想家、吉田松陰先生は、

モノゴトに対して、

「死ぬ気で取り組む」

「我慢をしなければならないとき」

「勇気を出さなければならないとき」

「動かずに待つとき」

「すぐに動くとき」

の違いが分かってくると言っている。

今はどの時なのだろうか?

それがわからないわたしには、

まだまだ本気と覚悟が足りないのだろう。

前の記事

全てを委ねる勇気

次の記事

光のある方向