光のある方向

先日、不注意で事故を起こしてしまいました。

事故の瞬間から全ての時間が止まったように思います。

心の痛みに呼応するように体も痛み、

起き上がることも出来ない日が続きました。

今、ようやく、気持ちが前に歩き出そうとしています。

心の進む方向は2つです。

光へ向かうか、闇へ向かうか。

早く明日が来ればいい。

これは、光に向かうほうだと思います。

もうイヤだ、明日なんかこなくていい。

これは闇に向かいます。

心が闇にむいた瞬間、

心は進むのを止め、内にこもります。

でも、それは生物的にもとても不自然な行動です。

すべての生物はある程度の治癒能力を持っている。

それは、心の傷だって同じです。

傷が癒えれば、気持ちは光へ向く。

それが自然の理です。

そこに何か障壁があって、気持ちが闇へ向いたままだと、

当然、どこかに無理がある。

気持ちを歪めてしまう。

そう思うのです。

どうしようもない状況で、

不安で一杯のとき、

心は光を捜し求めている。

光を探そうという気持ちがある限り、

どんなに時間はかかっても、

人は立ち直ることができる。

そう信じています。