わたしたちの「想い」は、 何度でも生まれ変わるフェニックスです。

火の鳥、あるいは不死鳥(フェニックス)の物語、
知っていますか?

寿命がくると、自ら火の中に飛び込んで、灰になります。

そして、また、美しく復活するのです。

わたしたちの「想い」も、

この鳥と似ているのではないでしょうか。

何かに夢中になってやり遂げることを

「燃え尽きる」

そう表現することもあります。

「燃え尽き症候群」

そう言われることもあります。

わたしたちが活動やサービスにかけている「想い」

また、日常でおきる1つ1つの出来事、

それらは全て、

ある程度昇華されないと、

新しい想いは生まれてきません。

わたしのブログもそうです。

1つの記事を書き終わらないと、

次の記事は書けない。

想いを遺したままだと、新しい「想い」は

湧いてこないのです。

辛く悲しい記憶も、

その想いを、自分の言葉で書き出すことができたら、

きっと昇華できるはず。

わたしたちの「想い」は、

何度でも生まれ変わるフェニックスです。

美しく力強く、羽ばたかせましょう!