文章の締めくくりは「蛇足」ではなく「余韻」を残しましょう。

「蛇足」という言葉、

聞いたことがあると思います。

「なくてもよいもの」の意味として使われていますが、

本来の意味は

「ないほうがいいもの」

ということだそうです。

例えば、そのままの話で終われば、感動のストーリーだったのに、

余計なひと言を付け加えてしまったために、

台無しになってしまった、

そういうことも経験あるのではないでしょうか?

ブログやSNSの文章も同じです。

せっかく一生懸命に書いても、最後のひとことで

読者の感想も変わってしまうのです。

書き手は読み手の感想に責任を持つことはできません。

どんな物語も、ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、

それは読者が決めることです。

だからこそ、行動の動機が左右される、

最後のひと言が重要になってくるのです。

どんな気持ちを感じたとき、

あなたのサービスを選びますか?

あなたのブログを読んだ人は、

その気持ちを感じることができますか?

あなたはどんな想いに共感してほしいですか?

あなたのブログは、共感してほしい感動を伝えていますか?

文章の締めくくりは「蛇足」ではなく「余韻」を残しましょう。