感情とはなかなか説明のできないものです。

わたしたちの持つ感情は、

なかなか説明の出来ないものであると思う。

泣いても、

笑っても。

怒っていても、

最初に説明が出来ていれば、

それは感情ではなくて、

どちらかといえば、現象に近い気がする。。

でも、この感情に、

わたしたちは理由をつけたがるのだ。

何故なら、理由を伝えずにいると、、

「感情的になるな!」

という言葉で遮られてしまう。

でも、感情を表すことと、感情的になるということは、

全くちがうと思う。

感情を表現する。

それは、

「わたしは、今、泣きたい」

「わたしは、怒りを感じる」

「わたしは今、本当に幸せだ」

そう表現してみる。

感情を言葉にしてみて、

改めて理由を伝えることが出来る。

最初から理由を探す必要はない。

まずは自分の感情を伝えよう。