「情熱発信」というあり方

熱い想いを伝えよう!

言葉の力を信じよう!

そう、言い続けてきた。

そして、自分自身も、ブログを書き続けている。

フランスの戦士、ジャンヌ・ダルクのように、

「情熱発信」という旗を掲げて、

先頭で馬を走らせる。

わたし自身、そういうふうに生きたい!と思っている。

でも、自分一人で走っても意味がない。

振り返ってみると、誰もいないかもしれない。

傷ついて、進めなくなっているのかもしれない。

そういうときは、馬を降り、ゆっくり共に歩いていく。

きっとその姿も美しかったにちがいない。

それぞれの目的に合わせ、

それぞれのスピードにあわせ、

それぞれの未来に共に向かう。

それが寄り添う ということなのだ。