「やすまれませんか?」

方言や地元言葉には、その人たちの人柄が表れている。

「やすまれませんか?」

は祖母が使っていた言葉だ。

祖母は、滑川市の小さな商店街で下駄屋をしていた。

その頃は、小さな専門店が並び、

通る人はみんなお客さんだったのだろう。

店に顔を出す人に、

「いらっしゃいませ」

の意味を込めて、

「やすまれませんか?」

と、声をかけていたのだと思う。

店をたたみ、わたしたちと暮らすようになってからも、

誰かが尋ねてくると「やすまれませんか!」

と、つい言ってしまっていた。

でも、通り行く人たちに、

「やすまれませんか?」

と、声をかけあう風景、

店先での他愛もない会話や笑顔。

今ではほとんど見られない。

時代とともに、失われていく言葉がある。

そこに暮らす人々の想いが込められた地元に残る言葉や、

常に自分の人生ととともにあった言葉。

それはかげがえのない宝物だと思う。