時にはココロも休ませよう

ココロも身体と同じである。

傷付きもすれば、疲れもする。

スタミナ不足になることもある。

身体が弱っていると、動くことはできない。

ココロも弱っていると、想うことはできない。

だから、想いが出てこないな、と感じる日は、

ココロも休ませてあげましょう。

ココロは、私たちが思う以上に、

働いているのです。

目にとまるモノ、

耳にするモノ、

その一つ一つにココロは反応している。

だから、

時には何も考えず、何も見ず、何も聞かず、

ただ過ごす。

こういう時間も必要だと思う。