心の帰る場所、故郷

誰でも、故郷がある。

故郷は、生まれた場所とは限らない。

想い出がある場所のことをいうのだと思う。

わたしの故郷の1つに、金沢市がある。

短大時代に過ごした場所だ。

短大時代から始まって、

たくさんの想い出を作ってくれた街だ。

たくさんの笑顔と、たくさんの涙を流した街だった。

先日、久しぶりに行ってみた。

古いものは取り壊され、新しいモノがたくさん出来ていた。

何度も通った道のはずなのに、新しい町にきたようだった。

新鮮だった。

でも、ときおり吹く風や、

坂道や小路、木立を見ると懐かしさが蘇る。

気持ちはあの頃に戻っている。

だからこそ「帰ってきた」

と思えるのかもしれない。

故郷とは、

「心の帰る場所」でもある、

そう思った。