わたしは「書く」ことで、心の温度を上げている

何となく元気が出ない日、

何となくモチベーションが上がらない日、

何となく行動が進まない日は、

もしかしたら、ココロの温度が低くなっているのかもしれません。

火は寒すぎるとなかなか燃えません。

マグマさえ、冷えると固まってしまいます。

わたしたちはいろいろな想いを抱えています。

それは、熱い想いばかりではありません。

凍りつくような想いもあるのです。

でも、ココロの温度が少し上がれば、

情熱のマグマが動きます。

そして、新しい活力が生まれます。

ココロの温度を上げ方

それは自分自身の中から見つかります。

わたしの場合、やはり「書く」こと。

どんなときでも言葉で、元気と勇気を出せるのです。

情熱発信はあなたに贈るエールです。

真っ直ぐな想いを見つめ、あなた自身に届けましょう。