「言葉を聴くこと、想いを読むこと」 それは全て自分と対話すること

最近、インプット不足だなと思っています。

セッションしたり、ブログを書いたり、メルマガを書いたり、

これは全部アウトプットです。

活動とはインプットとアウトプットの繰り返し。

それでバランスがとれるのだと思います。

毎日いろいろなニュースが流れてきます。

でもその中に、わたしが求めている「言葉」はありません。

わたしの求めているのは、事実ではなくて真実、

誰でもそれぞれの「真」を持っています。

その真の想いを載せたものが「言葉」です。

それは小説の一文や映画やドラマの台詞です。

ただただ、聞き入りたいのです。

そして、それは「文字」とも限りません。

例えば音楽、風景、芸術作品の中にも

わたしが求めている「言葉」があるのです。

「言葉を聴くこと、想いを読むこと」

それは全て自分と対話することなのです。

自分の言葉、聴いていますか?