心がもやもやしたときは、 無理に晴らそうとはしなくていい

なんとなく、気持ちがもやもやするとき、

そういう時は、自分の中に原因がある。

つい、誰かの言動や、外的要因のせいにしてしまうけど、

本当の問題は自分の中にある。

自分の弱さだったり、

劣等感や後ろめたさ。

それを認めなくなくて、心に霧がかかる。

それがもやもやの正体ではないだろうか?

自分の想いがあれば、

誰かの言動に振り回されることはない。

自分を認めることができれば、

視線を逸らす必要もない。

自分を信じていれば、

何度でも立ち上がることができる。

心がもやもやしたときは、

無理に晴らそうとはせず、

何故、もやもやしているのかを考えてみればいいと思う。

その原因を見つけることにより、

自分の想いを知り、もっと強くなれる。

目を逸らさず、自分自身をみつめよう