どんなことでも「絶対大丈夫」も「絶対に無理」ということも絶対にありません。

どんなことでも「絶対大丈夫」ということは絶対にありません。

また、どんなことでも「絶対に無理」ということも絶対にありません。

以前流行した言葉です。

「うちの子に限って」

「うちの子に限って、絶対に過ちはない!」

そいういう意味です。

PTAでも話題になっていました。

でも、この「絶対」は、親御さんたちだけではありません。

わたしたちの、

創り上げらた「安全神話」の中にもあったのです。

例えば、

絶対に災害はおきない

絶対に犯罪はおきない

絶対に会社は潰れない

絶対にリストラされない。

今は何一つ、確実なものはありません。

日々起きる、いろいろな事件や災害

それを目にするたびに、わたしたちはそれを思い知るのです。

では「絶対」とあえて言葉につけるのでしょうか?

多分、「絶対」と言う言葉の中には、

災害がこないでほしい。

犯罪がおきないでほしい。

会社は大丈夫であってほしい。

リストラとは無関係でありたい。

でも「絶対に大丈夫」とは癒えません。

など、わたしたちの想いが込められているのです。

また、モノゴトには、

「絶対に無理」ということも絶対にありません。

頑張れば道は拓けるし、希望も生まれる。

どんな大きな困難も乗り越えられることもわかっているのです。

つまりは

何が起きても、

どんなことがあっても、

自分自身がどう向き合っていくかとうこと。