語ると話すの違い、考えてみませんか?

普段、わたしたちが行っている会話。

それには、「話す」と「語る」があります。

おそらく、無意識で使い分けていると思います。

話すとは、声に出してモノを言うこと。

動作そのものを言います。

語るとは、事柄や考えを言葉で伝えることです。

「語」は吾の言と書きますね。

つまり「語」は自分の言葉です。

だから「想いを話す」とは言いません。

夢や想いは語るモノなのです。

だからこそ、共感や感動を呼ぶのです。

あなたは自分の夢や想いを語っていますか?

また語り合う仲間はいますか?

そして、今の想い、自分自身に語りかけてみませんか?