目の前に壁が現れたとしても、 行き止まりというわけではありません。

わたしたちが歩いている道。

それは必ずしも直線とは限りません。

だからいきなり目の前に壁が現れたとしても、

行き止まりと言うわけではありません。

クランクのようなジグザグに伸びている道かもしれないし、

曲がり角かもしれません。

もしかしたら、左右のどちらかに、

道は続いている場合もあるのです。

だから、一度立ち止まって、

周りをゆっくり見渡してみませんか?

もし、どちらかに道が伸びているのだったら、

一度曲がってみるのもいいのかもしれません。

もし、本当に袋小路だったら、

越える方法を考えましょう。

大切なのは、

立ち止まったとしても、再び歩き始めること。

そして、目的地を見失わないこと。

それだけだではないでしょうか?