代えられない想い

最近、自分満足度について考えています。

例えば、何かを買おうとして、

目当てのモノがなかったとき、

ついつい代替え品を買っていました。

でも、代替え品は代替え品を。

ホンモノではないのです。

だから、当然、満足が得られず、

その想いを埋めようとして、

また、代替え品の代替え品を購入。

こうして、余計なモノがどんどん溢れていく、

その悪循環でした。

何事もそうです。

自己満足度、

これが低いと、

結局気持ちは収まりません。

お金も、時間も余計に費やすことになります。

でも、多少時間がかかっても、

最初から「ホンモノしか要らない」

そう決める方が早道だったりします。

ただ、モノゴトには限界がある場合もあります。

だから、全てにおいて「ホンモノ」を求めるのは、

無理かもしれません。

でも、

他は考えられない!

何か一つ、そう思えるのがあったら、

その想いだけを見つめましょう。

その想いに代わる想いはないのですから。