わたしは「何」を書けば、自分の心はより熱くなるのだろう。

ブログを書く目的はさまざまです。

自分のイベントやセミナー、
あるいは商品やサービス、
日々の活動や行動、
それらに向かう自分の想い、
それを伝えるために、書いているのではないでしょうか?

そして、想いの伝え方もひとそれぞれです。
行動で伝える、
写真や作品で伝える、
音楽で伝える、

わたしの場合は、それが「言葉」でした。

ただ、わたしの場合は書くこと自体が活動であり、行動なのです。
だから、時々、何を書いているのか、分からなくなります。
「書くことの大切さ」を書いているのか?
「情熱発信をしよう」と書いているのか?
「自分の想いを伝える方法」を書いているのか?

わたし自身、
「何」を書けば、自分の心はより熱くなるのだろう。

好きな行動の中から生まれるエネルギー、
それを更なる行動に繋げるための「情熱発信」です。

自分の心が熱くならないと、

「言葉」はチカラを持たない。

わたし自身にとって「言葉」とは何なのか?

「書く」ことはどういうことなのか?

もう少し、考えてみようと思う。