「続・パンドラの箱」

「本当のことを教えて」

この言葉の意味は、「真実を知りたい」ってことではない。

わたしにとって都合の好いことだけ教えて、の意味である。

あのメールを見てから1年経った頃、わたしたちは大宮で会った。

ソニックシティ大宮に荷物を置き、食事に出かけた。

お気に入りの焼き鳥屋さんで食事を済ませ、外に出ると、

もう1軒行かないか、

彼はわたしを誘った。

珍しいことだった。

少し、気持ちに余裕ができたのかな?

それぐらいに考えていた。

彼が連れていったのは、小さなスナックだった。

お客さんはまだ誰もいなくて、ママが1人、カウンターにいた。

数年ぶりの来店だったらしい。

ママも驚いていた。

彼は今までのこと、

富山にいたこと、転勤で東京に行ったこと、

そして、今の仕事につくまでのことをはなしはじめた。

そして。。。

「そのときはもう、田舎に帰ろうかなと思ったんや、でも、ちょっとした問題が出来て」

心臓が早鐘を打つ、

まさにそんな感じだった。

足は震え、座っているのがやっとだった。

あのときのことだ。

あのメールの文字が浮かんだ。

「なにがあったの?」

頑張って平静を装ったつもりだった。

でも、声は震えていたと思う。

泣き出しそうな顔をしていたのだと思う。

しばらく間があった。

数分?

いや、数分だったのかもしれない。

そして、彼が言った

「仕事のことだよ」

ウソつき!

心の中で叫んだけど、どこかホッとしていた。

わたしのためを思ってなのか、どうなのかは分からない。

言いにくいこと、聞きにくいことにフタをしても好い結果になるとも思えない。

でも、何故か、納得できた。

少なくとも、彼は、わたしとの関係を壊したくないと思っている。

その想いだけは受け止めることができたから。














※心を熱くするライティングセッションのお問い合わせはこちらからお願いします。
(グループでもマンツーマンでもお受けいたしまします。)

前の記事

「賢者の贈り物」

次の記事

「故郷」への想い