この「熱さ」こそ、わたしにとってはかけがえのない宝物だ。

彼と別れてから、

わたしは自分のために生きようと思った。

多くの人と出会い、

多くのモノを見て、

多くの場所へ出かけた。

でも、あの時ほど、気持ちを熱くするものはなかった。

いつしか、わたしは自分の「熱」の隠し場所も忘れてしまった。

でも、わたしの中にあるその熱さは、

いつもその存在を知らせていたのである。

わたしは26年間勤めた職場を退職した。

そして、新しい仕事を始めた。

その中で、わたしは、熱い気持ちを持って、

自分の物語を歩いている主人公たちと出会った。

熱い気持ちを持って活動している人たち。

また、そのひとの言葉は、

わたしの中の「熱」に響く。

わたしは次第にもう一度、

その「熱」を感じたくなっていたのだ。

だから、いろいろ行動を拡げてみた。

でも、その熱い想いは蠢くだけだった。

でも、それは当然だった。

だって、その「熱さ」を隠してしまったのは、自分自身なのだから。

今、ようやくこの「熱さ」を取り戻すことができた。

この「熱さ」は、わたしにとってはかけがえのない宝物だ。

夢中で走っていたあの時代。

あのときの自分自身が、わたしに語りかけている。

「大丈夫、あなたはもっと強くなれる。」

これが、わたしの「情熱発信」である。