陽のあたらない場所には、 弱くて卑怯なわたしがいる。

陽のあたる場所もあれば、あたらない場所もある。

陽のあたる場所が熱ければ熱いほど、

あたらない場所は暗く冷たい。

わたしたちの心も同じである。

熱い想いがあればあるだけ、冷たく暗い想いもあるのだ。

そこにあるものは、感情とは全く正反対のモノ、

それは「理性」と呼ばれるものかもしれない。

人の持つ、最も御しがたいモノだ。

それは好くも悪くも、わたしたちの熱い「想い」に水を差す。

最初にそれを感じたのは、

一番の親友を失った時だった。

正確には、わたしから縁を断ち切った、のだと思う。

彼女とは、同じ年。

演劇のサークルで知り合った。

育った場所も学校も違っていたけど、

何でも話しあえる仲だった。

河原に座り込んで、いろいろなことを一晩中語り合った。

でも、この恋愛について話したとき、

彼女は本当に怒った。

なんでそこまで執着するのか分からない!

そう言った。

別れられないのは、甘さであり、弱さだと言った。

違う!強さだ。

そう言い返したかった。

でも、それでも反論されたら、多分、わたしは言い返せなかっただろう。

半分当たっていたからだ。

彼だけを求める強さはあっても、

彼を失っても生きていける強さは私にはなかったのだから。

わたしの中に、冷たい風が吹いた。

彼女とはもう分かり合えない、

分かってもらおうとも思わない。

そう思ってしまったのである。

親友だったけど、

今までいろいろあったけど、

わたしは、こうも簡単に結論を出してしまえるのだ。

その冷たさが、確かにわたしの中にはある。

引き下がるのではない。

あえて、引く。

これ以上、攻撃されないように。

刃の切っ先を失わせる。

陽のあたらない場所には、

弱くて卑怯なわたしがいる。