過去形に出来ない想い、それもいつかは物語になる。

文章を書いていると、いろいろな気付きがある。

言葉にしたときに、何か違和感を感じたら、

何故そう感じるのか、その想いを見つめればいい。

わたしは今は、過去に焦点を当てている。

過去にわたしが経験した想い

それを、今ようやく形にしようとしている。

過去のことを書いているはずなのに、
言葉は、現在形だったりもする。

過去形にしようと思うと、何故か違和感を感じてしまうのだ。

そして、改めて気が付くのだ。

自分の中では、まだ終わっていないのだと。

でも、書くことにより、

それは、新しい思い出となる。

あれから6年後、、、

という、新しいストーリーが始まるのだ。

だから、想うままの言葉で書いていい。

無理やり過去形にしなくていい。

書きたいことだけ書けばいい。

いつかそれはきっと、

わたしだけの物語になるはずだから。