見たくはないモノ、思い出したくはないモノの中にこそ、大切なものがある。

自分の中の光と闇、

熱と氷を知るということは、

自分を知ることである。

少しずつ、想いを並べて行くと、小さな気づきもある。

それh、自分の中に芽生えた本当に小さい火種だ。

6年前、私は彼と別れてから、

その喪失感を埋めるように、

いろいろ動き始めた。

彼のことを思い出さずにすむように、

あれこれにチャレンジした。

新しい友達や仲間もたくさん出来た。

彼の思い出が重なるものは一切排除した。

そうして、わたしは禁断症状から抜け出すことができた。

でも、何か物足りなかった。

どこか、寂しかった。

ずっと、何かを探していた。

誰も彼の変わりにはなれないと思った。

何をしても、あれほど熱くはなれなかった。

でも、新しい想いも確かに湧き出ていたのだ。

太陽のようになりたい。

太陽のように生きたい。

始めて、それを言葉にしたとき、

何か納得できた。

ああ、わたしはずっとそう思っていたはずだ。

それなのに、いつの間に、その想いを忘れてしまっていたのだろう?

その言葉は、わたしの意識を変えた。

それはわたしの陽の部分だ。

誰よりも熱く、そして明るく生きる姿勢。

自分でエネルギーを生み出す生き方。

自分に正直な生き方とはどんな生き方なのかを、

考え始めることができたのである。

ただ、同時に出来た日陰には、

見たくはないモノ、思い出したくはないモノを、

隠してしまったのである。

そのときのわたしには、まだ、

一番大切なものはその中にこそあるとは分からなかったのだった。