問い続けること

全ての「想い」には、理由がある。

「過去の想い」

を書いていたとき、

涙が出てきたり、

胸が苦しくなったり、

また、何か温かいものを思い出したり。

多くの想いが湧き上がってきた。

そのひとつひとつにも必ず理由がある。

その理由を問い続けていくことが、

自分を見つめることだと思う。

t全てあきらめたような、投げやりな、彼の言葉を思い出すだび、

今でも涙が出そうになる。

わたし自身、彼の温もりをまだ忘れることが出来ないからだ。

ただ一つのものを追い求める苦しさ、

どうしても手に入れることが出来ないもどかしさ、

そしてそれを手放そうと決意した朝。

その時々の

「想い」の理由、

それを見つけるのは案外難しい。

そして、その理由の下には、更なる想いがある。

この想いの理由を問い続けることは、

過去へ遡ることではなく、

未来へ進む道だと信じている。