熱く語った自分の言葉を思い出そう。

誰でも心に熱い想いを持っている。

それが私たちが目的に向かって進む原動力だからである。

でも、いつもその温度は熱いわけではない。

熱くありたい、そう思っても、

例えば何か問題が起きたとき

日常の雑多に追われているとき、

あるいは、ココロが息切れした時には、

その炎は小さくなることもある。

暑かった自分の燃焼室の温度はあっという間に下がり、

行動が止まり、気持ちも萎縮してしまう。

でも、そんな時でも、

炎は決して消えているわけではない。

小さな火種となって残るのである。

その炎をもう一度、燃え上がらせたいのなら、

もう一度、心の燃焼室の温度を上げたいのなら、

原点にたちかえればいい

夢中になっていたあの頃を思い出せばいい。

熱く語った自分の言葉を思い出せばいい。

そうすれば、また前へ進むことができるはず。

何度でも、立ち上がることができるがず。

どんな時でも、わたしたちの熱い想いは決して消えることはない。