自分の「想い」のルーツを知る

自分自身を見失いそうになったとき、

また、自分の足元が見えていないとき、

自分の思想のルーツを探せばいい。

それは、

わたしたちの身の回りにいくつもあるはずだ。

例えば、お気に入りのDVD

ずっと好きだった本、

いつか読もうと思っている小説。

その中には、自分の夢が詰まっている。

なりたい自分が詰まっているのだ。

なかなか捨てられないモノ。

思い出が詰まっているモノ。

いつか使おうと思っているモノ。

その中には、自分が大切にしたい想いが詰まっている。

勧められたモノ、贈られたモノ。

自分が受け取ってきた想いだ。

例え、それが今のわたしには不用であっても。
わたし自身、必要とは思っていなくても、

それを選び、勧めてくれてきた人は、
間違いなく、わたしのことを考え、想ってくれたのだと思う。

それら全てがギフトだ。

その気持ちを忘れてはいけない。

そう思っている。

どんな人の、どんな行動にも、
その心の奥には必ず「想い」がある。

どんな想いも大切にしていきたい。

誰の想いも踏みにじってはいけない。

そのわたしの想いが「情熱発信」のルーツかもしれない。

前の記事

ゼロからの出発

次の記事

情熱の炎の燃やし方