わたしたちは、なぜ生きていけるのか?

わたしたちは、なぜ生きるのか?

その答えは難しい。

でも、

わたしたちは、なぜ生きていけるのか?

それは未来を信じているからである。

でもなぜ、未来を信じることが出来るのか?

それは、わたしたちは幸せになる権利がある、と知っているからである。

でも小さな経験や思い出の中に、小さな幸せが一杯に詰まっていて、

いつでも、その幸せに気付くことが幸せだということも知っている。

だからこそ、

もっと幸せなことが待っているはずだ、と思えるのかもしれない。

でも、その幸せは簡単には手に入らないことも知っている。

特に、自分が思い描く幸せほど、手に入りにくく思える。

それを手に入れたくて、わたしたちは日々を生きているのである。

叶わない夢なんてない、届かない想いはない!

そう信じるから、頑張れるのである。

でも、時には届かない想いもある。

夢が破れることもある。

信じていた人に裏切られ、

大切な人を傷つけてしまったこともある。

突然の災害に襲われ、

絶望することもある。

そんなときでさえ、

「明日はきっと良くなる」

そう思えるのは未来を信じているからだ。

いろいろ悩んでも、

いろいろ迷っても、

気持ちが立ち止まってしまっても、

「大丈夫、出口のないトンネルはない、

答えも必ずどこかにあるはずだ!」

そう思えるのも、未来を信じているからだ。

未来を信じるチカラ、

それがあるから、わたしたちは生きていける。

それが「情熱」のエネルギーだと思う。

前の記事

情熱の炎の燃やし方

次の記事

言想(思)不一致