言想(思)不一致

言葉は人柄を表します。

ブログや投稿を読んでいると、

その人の人柄が見えて微笑ましくなります。

一生懸命言葉を選んだり、

文学っぽい言い回しをしてみたり、

真面目にマニュアルに沿って書いてみたり、

筆者の表情まで見えるようです。

そして、

一生懸命に、

何かを伝えようとしている。

「想い」が伝わってきます。

でも、

美辞麗句で飾られたり、

報告書のような文章では、

表情がよく見えません。

「情報」は伝わりますが、

「想い」はなかなか伝わりません。

また、言葉はその人の思考も映しだします。

誰か、一人へ向けて書いているのか、

当たり障りなく書いているのか、

好きなことを好きなように書いているのか、

著者の人となりも見えてきます。

ただ、

言動不一致

ではなく、

言想不一致。

書いていることと、思っていることが、実は違う。

それも見えてしまうのです。

自分自身の想いを見つめること。

これが大切です。