わたしの中にある、「書く」壁

書いてみることによって気づきがある。

書いているうちに、

自分の中で気づくことが多々ある。

人のココロは大変都合良く出来ていて、

誰かに指摘されると、反発するが、

自分で気がつくと、「気付き」とか

「腑に落ちた」とか言って、

受け入れることができる。

先日、ブログを書くための壁について書いたとき、

自分の中にあった壁に気がついた。

わたしは、文章を書くことを生業としていきたい

その想いがあったから、

かえって「枠」を作ってしまっていたようだ。

その枠とは、

書くことと書かないことの線引きである。

こういうことは書いていきたいけど、

こういうことは書いていきたくない、

という気持ち。

その壁を超えた時、

きっともっと自由に書けるようになるのだろう。

自分の前にある壁も、真っ直ぐに見つめていきたい!