わたしの場合、「書けなくなるよ」が一番効く

自分にとって一番守りたいものは何だろうか?

自分を掘り下げることにばかり気持ちが向くと、

それを見失ってしまう場合がある。

例えば、わたしはブログや文章を書いている。

言葉を使って想いを伝えようと書いている。

書くことによって自分自身に問いかけようと書いている。

書くのは楽しい。

書くことが好きなのはわかっている。

でも、時々ふと自分がわからなくなる時がある。

伝えたい想いがあるから書いているのか、

書きたいこと、伝えたい想いがなかったら

書かなくなるのか?

集客やファン集めといった目的があれば

そのことを書けばいい。

届けたいサービスや伝えたい想いがあれば、

それを書き続ければいい。

自分自身の明日を変えたかったら、

自分に問い続けるために書けばいい。

書くことが必要な人もいれば、

書くほうが好ましい人もいるのだから。

でも、わたしの場合は

好きだから書いている。

書くことに情熱を注いでいる。

「書く」ということが一番大切なことなのだ。

「書けなくなるよ」

こう言われるのが一番効いたのだから。