良くも悪くも感情が動くとき、原因と解決策は自分の中にある。

じ最近、感情が動いたとき、

その原因を考えることにしている。

例えば、何か違和感を感じたとき、

気が重く感じたとき、

逃げたいと思っているとき、

とても疲れたとき、

傷つけられたと思ったとき、

その原因を考えてみる。

そして、原因はほとんどの場合、

自分の中から見つかる。

気が重く感じるのは、

ラクをしようと思っているから。

逃げたくなるのは、

答えを見たくないから。

疲れているのは、

自分のペースで動きたいと思っているから。

傷つけられたと思うのは、

自分の弱点だと考えているから。

だから、違和感を感じたとき、

気が重いとき、

逃げたくなったとき、

疲れたとき、

傷ついたとき、

少しだけ休んだら、

何故そう感じたのかを考えてみればいい。

解決策も、きっと自分の中にある。

ラクな道なんて興味ないと思えばいい。

どんな問題も答えは1つとは限らない。

時々は誰かのペースに合わせてみるのもいい。

本当の自分の弱点は、

多分、自分だけしか知らない。

そして、そのことが最大の強みだと思えばいい。

大切なのは、
どんな想いも、あきらめず、やりすごさず、 フタをせず、
まっすぐに見つめること。

原因と解決策は自分の中にあるのだから。