ブログを書く言い訳、ブログを書かない言い訳

集客のためにブログを書いたり、

ファンを集めるためにブログを書いたり、

理由はいろいろあるけど、

本当は、

誰かにきいてもらいたくて書いている。

自分のサービスや活動を、

言いたくて言いたくてたまらない。

だって本当に良いものだと思うから。

ステキなものだと思うから。

知ってほしいと思うから。

自分を応援してほしいと思っているから。

誰かの役に立つと、認めてもらった気がするし、

自分自身をも認めることができるような気がするから。

誰かに必要とされると、

自分自身の存在意義を信じられるから。

ブログなんて書かなくても、

自分のサービスや良さをわかってくれると思うほど

自信家ではない。

行動やサービスをわざわざ伝えなくても広まっていくと思えるほど、

知名度もない。

認めてもらわなくても、応援してもらわなくても、

自分一人で頑張れるほど強くはない。

自分の想いを胸にだけ秘めて生きていけるほどの覚悟はない。

書けば書くほどに、

自分の弱さや矛盾が見えてくる。

でも問題点が見つかれば、

あとは答えを考えるだけ。

「自分の問題点を見つけること」

それが書くことの最大の効用なのである。