今、大切に思う時間

数年前から、雪の季節に一度

母と温泉旅館に泊まることにしている。

豪華な旅館ではないけど、

暖かい場所での上げ膳据え膳、

日常の雑多から離れて、

ただ、お互い静かな時間を過ごす、

ほんのささやかな贅沢を愉しむ。

そして、それは今だから大切に思える時間だ。

一緒に暮らしていても、

親娘であっても、

それぞれの想いがあり、

それぞれの生活がある。

そして、それぞれの想いもある。

叶えてあげられない母の願いもあるし、

なかなか理解してもらえないこともある。

でも、お互い、そのことについては何も話さない。

母は何も言わずに自分の生き方を見せてきた。

堅実に、確実に、自分自身を生きてきた。

わたしも今、ようやく自分自身を生き始めた。

生涯をかけて何をしたいのか、

ようやくカタチになりはじめた。

だから、わたしは今、どんな時間も大切に思える。

こうして、母と二人、静かに過ごす時間、

ただ一緒にいるだけの時間だけど、

きっと、わたしたちにとってはかけがえのない時間だと思う。

次の記事

最高の贈り物