「自分らしさ」を表現する

最近「自分らしさ」とはなんだろうと考える。

周りから見たイメージとか、

育ってきた環境とか、

過ごしてきた学生時代、

友人たちとの付き合いの中に、

幾つものもの「自分」がいる。

それぞれで見せてきた姿がある。

どれも自分であり、

どれも違うような気もする。

もしかしたら、

本当の自分なんてないのかもしれない。

自分というものは、

日々、作り上げていくものかもしれない。

それに、全ての人が、

同じように見ているわけではない。

いろいろな見方をしているはずだ。

だから、これこれが自分です、

なんて言っても分かるわけがない。

もちろん自分でもわからない。

でも、感じる想いだけはホンモノだ。

悲しんだり、喜んだり、泣いたり、笑ったり、

そして、感じる「熱さ」もホンモノだ。

「自分らしさ」とは、

感じていることを表現することだと思う。