思わずブログが読みたくなるタイトルの付け方

いくら毎日更新しても、

SNSでリンクを貼っても、

読まなくても「いいね」や、

後で(ヒマになったとき)読めば「いいね」

では、意味がない。

だから、読みたくなるタイトルを考えることが重要である。

そのためのポイントはいくつかある。

あえて、疑問形にしたり、

続きが気になるように書く。

また、「ここだけの話」

とか、「読者限定」とか、

誰もが弱い言葉を使うのである。

これはある意味言葉のトリックだ。

それは手品のように、

タネがあるとわかっているのに、

引っかかってしまう。

私自身、「限定」という言葉に弱い。

何度ひっかかって、限定品を購入しただろう。

でも、これは書き手の常套手段だ。

何故ならブログは読んでもらわないと意味がないのだから。

でも、使い過ぎにはご用心。

あまり奇をてらいすぎると、信用をなくしますよ。