「今日、わたしは朝寝坊をして、朝食はシリアルだけで済ませ、セッション会場へ行きました」

「今日、わたしは朝寝坊をして、朝食はシリアルだけで済ませ、セッション会場へ行きました」

上記のような文章、書いていませんか?

文章にはルールがあります。

例えば、一文一義、

これを訂正した文章が下記です。

「今朝、わたしは寝坊をした。

だから、朝食はシリアルのみ。

そして、セッション会場へ向かった。」

一文に要点を一つだけにして、

句読点で区切ることによって

読みやすくなります。

また、体言止めなどを使うことによって、

文章にテンポとリズムを生みます。

 

また、言葉の選び方、構成を変えるだけで、

印象が変わります。

「わたしの朝食は、いつもはフルーツと数周類のシリアルです。

でも、今日は寝坊をしたので、シリアルしか準備できませんでした。

今日のセッションには遅れるわけにはいかなかったのです

なぜなら。。。。」

あるいは

「今日は大切なセッションの日です。

緊張しすぎなのか眠れなかったわたしは、

朝寝坊をしてしまいました。

朝食はシリアルだけで済ませ、

急いで会場に向かいました」

内容的には同じですが、

朝食に焦点を当てるのか、

セッションに焦点を当てるのかで、

文章が大きく変わります。

情熱発信ライティングセッションでは、

あなたの想いに焦点をあてた書き方を学んでいきます。

ブログの書き方、

リニューアルしませんか?

情熱発信ライティングセッションについての記事はこちらです。