和倉温泉にて

能登半島にある、日本海でも指折りの温泉街、
和倉温泉に、数年ぶりに遊びにきています。

10年前、遠距離恋愛をしていたころは、
毎年のようにここにきていた。

漁師町で育った彼は、
海と魚が大好きだった

豪華な部屋や料理は要らない、
新鮮な魚があればそれでいい、

彼はよくそう言っていた。

だから、泊まる宿は、
美味しい海鮮焼きを出してくれるところと決めていた。

もう二度と、二人で来ることはない、
わたしたちの関係はすでに終わっている。

でも久しぶりに、
能登の海を見ていると、
今でも変わらない波の音に、
あの頃の感覚が蘇ってくる。

さすがに胸の痛みはないけれど、
波のように打ち寄せる切なさと懐かしさは、
どうすることもできない。

でも、新しい思い出を作れば、
どんな過去もただの記憶となっていく、
それが時の流れなのだろう。

そうやってわたしたちは生きているのだ。

これからも、新しい物語を紡いでいきたい。