サードプレイス依存症

サードプレイス。

そこは、
職場でもなく、家庭でもない
居心地の良い場所

そこは常に活気にあふれ、
集う人たちは、友達でも同僚でもない、

仲間だから、遠慮も忖度もない、
しがらみもない、居心地のよい場所だ。

そして、そこにいる自分は、
常にポジティブで、
自信に溢れている。

だから、職場にいるわたしは、
本当のわたしではない。
いつも、周りや上司の目を気にしてばかりいるのは、
仮の姿の自分だ。

家にいる自分も、
本当のわたしではない。
昔の考えを押し付けてくる両親とは話すことはない。
雑多な想いとモノに囲まれているこの部屋は、
わたしの仮の住まいだ。

だって、本当のわたしは、
活発で明るくて、いつも前向き。
そこにいるときだけ、本当の自分になれる。
そこにいる仲間だけが、
わたしを理解してくれる。

そこだけが、わたしの生きる場所
わたしの全て。

インターネットには、そういう場所が溢れている。

次の記事

自分と戦う方法