ブランディング疲れ

ファンやリピーター客を集めるためには、
ブランディングは欠かせない。

そのために、ブログを書いたり、
SNSで発信したり、頑張っている。

あまり宣伝ばかりしていると、フォロー外されるし、
充実感出さないと、いいねがもらえない、

いわゆるブランディング。
いわゆるイメージ商法。

もちろん、大切なことだ。

オリジナル性を高く持つ、
ブランド戦略があってこそ、
そこに価値がある。

自分自身だってそうだ、

常に、なりたい自分を意識して行動する。
そして自分らしさを磨いていく。

でも、少し背伸びしたドレスを
脱ぎ捨てて休みたいときもある。

等身大の自分に戻って、
ゆっくり眠りたい日もある。

女優も衣装を脱ぎ、化粧を落とす。

SNS上で繰り広げられている鮮やかな世界では、
ブランディングというドレスを脱ぎ捨てることは、
なかなかできない。
わたしたちは今そういう世界にいる。

わたしたちはみんな疲れている。

自分たちの持っている本来の輝き、
それを忘れないていたい。

前の記事

想いを整える