すべてのブランドにはストーリーがある

すべてのブランドにはストーリーがある。

ストーリーとは過程だ。

どのような想いから生まれ、育ち、

どのような苦難を乗り越えてきたのか。

その物語だ。

そして、それがブランドとなっていく。

いくらキラキラに飾っても、

いくらピカピカに磨いても、

それはブランディングにはならない。

何故ならブランディングとは、

唯一無二のストーリーを作っていくことだから。

自分が何を考え、何を思って生きてきたのか、

また、誰を想い、何を届けたいのか、

そして何のために生きていくのか、

それを考え、生きていくのがブランディングだからである。

だから、

ブランドを作り出すには、

自分を見つめることが大切である。

どんなサービスや活動、コンテンツでも、

あなただから出来ること、

あなたにしか出来ないこと、

こう生きてきた自分だから伝えられる想いがきっとある。

それがあなたのブランド、

あなただけの物語である。