命の煌めき

命の煌めき

わたしたちは日々を当たり前のように過ごしている。

朝、当たり前のように起き、

当たり前のように職場に行き、

当たり前のように家に帰る。

朝には当たり前のように、夜がくると思い、

夜には当たり前のように朝がくると思う。

だから、これがどんなに特別なことなのか、

気がつかないのである。

でも、そういう毎日が続くことを、

誰が保障してくれるのだろう。

当たり前の日々が続くことを、

何故信じられるのだろう。

わたしたちがまだ幼かった頃ころは、

明日もいいことがあればいいなと思っていた。

明日こそはがんばろうと思っていた。

その日その日を夢中で過ごしていた。

当たり前な日だなんて考えもしなかった。

それが生きることだと思う。

今を一生懸命いている人たちは

輝いている。

それが命の煌めきだと思う。