書きたいことと求められていること、このすり合わせが一番難しい。

自分自身のブランドを考えるとき、

どこに人の目を集めるのか、

それを意識することが重要だと思う。

わたし自身、

時々それを見失う。

自分は何を書いているのだろう?

と迷い出す。

ブログを書いているのか、

エッセイを書いているのか、

コラムを書いているのか、

書きながらも迷う。

どれも当てはまるし、

どれも違う気がする。

わたし自身、

わたしの想いを書き綴っているのだけど、

どこに人の目を集めたいのかも

時々わからなくなる。

共感を集めたいのか、

書き方を教えたいのか、

多くの人に読んでもらいたいのか、

書きながらも考えている。

どれも思っているし、

でも違う気もする。

書きたいことと、

求められていること、

このすり合わせが一番難しい。

でも、ひとつだけ

理想をあげるとしたら、

わたしの文章を読む人の心の中に、

それぞれの風景が想い浮かぶような文章

そして、心がほんのり暖かくなるような文章

そういう文章を書くことができたら、

それがわたしのブランドになるに違いない。

そして、それこそがわたしが書き続けることの意味だと思う。