決める技術~春の断捨離

毎年、暖かくなってくると、

部屋の模様替えや、

衣服の衣替えに合わせて、

断捨離をしている。

今年は3月から暖かい日が続いているので、

早々に始めました。

目指すのは、

シンプルライフです。

しかし、道はまだまだ遠そうです。

必要なのは

「決める技術」

使っていないモノ、

不要なモノを捨てるのは簡単です。

でも、わたしの場合

「この先使うのか、使わないのか」

それを決めることがなかなか出来ないのです。

それを考え始めると、動作がストップしてしまいます。

結果的に、捨てられなくなるのです。

 

思考も同じです。

未だ、いろいろと迷うのは、

決めていないからだと思います。

決めるということは

一方を捨て、一方を選ぶこと。

何を遺し、何を手離すのか、
最優先に何を選ぶのか、

その基準がはっきりとしていれば、
迷うことはないのでしょう。

その基準を決めるのも、結局は自分自身。

これからも自分自身に問いかけていきたいと思います。