「腐ったモノは排除しなければならない!」

わたしたちは、仮面をつけて生きている。

優しい人、

物分かりの良い人、

良識ある人、

そして、その仮面の人物を演じている。

でも、時々、その下にある素顔が顔を出す。

本当の姿をさらけ出す。

言葉の下から、その素顔が見える。

昼下がりのファミレスで、

耳に飛び込んできた言葉

「腐ったモノは排除しなければならない!」

これは、野菜や果物だけのことだろうか?

それ考えると、すっと背筋が寒くなる。

「ほかのモノも汚染されてしまうから」

自己優位意識

自分は間違いない。

自分の家庭は問題ない。

自分の家族は問題ない。

言葉の端々にその意識が見える。

人の良さそうな、

理解ありそうな、

気さくそうな、

その仮面の下から見えた素顔。

わたし自身、一体どんな仮面をつけているのだろう?

そしてその下にはどんな素顔があるのか。

それはどんな風に、人の目に写っているのだろう?

それを知るのが恐くてならない。